◇ 三田の歴史概説


◆ 古代

三田盆地は旧石器時代から、人々が暮らした痕跡があります。2万5千年前の遺跡である広野地区の溝口遺跡からはナイフ形石器、石鏃などが発掘されています。ニュータウン開発で発見されたけやき台の有鼻遺跡や平方遺跡は弥生時代中期の遺跡で、ここからは畿内最古の鉄剣や鉄斧などの鉄器類や竪穴式住居跡などが発掘されています。古墳時代には武庫川と青野川が合流する流域は須恵器の産地となっていたようで、本庄地区の東仲古墳 、沢山1号墳など石室を持った古墳とともに須恵器の窯跡が発掘されており、「末(すえ)」という地名は今も残っています。これは三田市の北西に隣接する篠山市今田地区の立杭焼(丹波焼)の起源の一つと考えられています。また、青野川とともに青野ダムを形成する黒川沿いの小野地区にある伊勢貝遺跡は、縄文時代から平安時代にかけての集落の遺構が発掘される複合遺跡です。このように三田市域には時代ごとに遺跡や古墳が多くあり、古代から連綿と人々の暮らしが続いてきたことがわかります。


◆ 中世

現在の市街地エリアに町が形成されたのは7・8世紀頃からと考えられます。三田地区・三輪地区一帯は7世紀以前から日本最古の神社と言われる大和国一ノ宮である大神神社の荘園となっており、大和国城上郡の松山氏が荘官として管理し通称「松山の庄」と呼ばれていました。668年に金心寺が建立されると武庫川より南西部に門前町が形成され、金心寺周辺を三田と呼ぶようになります。

北東部の三輪地区はその後も大神神社の荘園でしたが、14世紀の松山彈正が荘官の時、荘園制度が崩れ武装の必要性が生じ、有馬郡の三輪明神信仰の聖地となっていた丸山に城を築くと同時に三輪神社の社殿を奉納します。これにより三輪地区でも門前町を形成していき、武庫川を挟んで金心寺と三輪神社の門前町が融合する形で有馬郡の中心地へと発展していきます。

平安時代から鎌倉時代にかけて市域の各地には多くの荘園が作られ、地頭である豪族が桑原城、貴志城、大原城などの小さな山城を築いて統治していました。


◆ 近世

室町時代に播磨国守護だった赤松則村(円心)の四男・赤松氏範が有馬郡を領有し三田城(車瀬城)を築城します。その後も赤松氏を出自とする摂津有馬氏が領有していましたが、戦国時代に織田信長の家臣だった荒木村重が摂津国を平定すると丹波国攻略のために三田を城下町として整備します。荒木村重が謀反を起こし織田信長に討たれると(有岡城の戦い)、信長の家臣・山崎堅家が近江国から2万3千石で入封したことで三田藩が成立します。江戸時代には志摩国鳥羽藩から九鬼久隆が3万6千石で入封し、廃藩置県までの約240年間、九鬼氏が三田藩を統治しました。

なお、北部の高平地区は多田源氏の所領として多田庄に属し、江戸時代は現在の大阪府豊中市に本拠を置いていた麻田藩の青木氏1万2千石の所領で、1896年(明治29年)に有馬郡に移管されるまで川辺郡に属していました。


◆ 近代

1871年(明治4年)廃藩置県により三田県となり後に兵庫県に編入されます。1879年(明治12年) 三田町に有馬郡2町12ヶ村の郡役所が設置されました。1899年(明治32年)阪鶴鉄道(後の国鉄、現・JR西日本福知山線)が開通し、三田駅、広野駅、相野駅、藍本駅が開業しました。

1912年(明治45年)には旧制三田中学校(現・三田学園)が開校しました。

1928年(昭和3年)に神戸有馬電気鉄道(現・神戸電鉄)の三田線の開通、三田駅、横山駅の開業し、三田の交通の体系が形作られていきました。


◆ 現代

1956年(昭和31年)現在の市章である町章を制定されます。1958年(昭和33年)に単独市制を実施し、三田市が誕生しました(兵庫県下20番目の市)。

1968年(昭和43年)に北摂ニュータウン・青野ダム開発計画が発表され、1973年(昭和48年) 北摂ニュータウンが起工されました。1981年(昭和56年)には 北摂ニュータウン(南地区)の入居が始まり、1982年(昭和57年)に北摂ニュータウン(翌年、北摂三田ニュータウンに改称)の街開きと続きます。

1986年(昭和61年)国鉄(現・JR西日本)福知山線が全線電化されるとともに宝塚〜新三田間も複線化されました(新三田駅が開業)。

1993年(平成5年)に人口増加率が県下で10年連続1位となり、1997年(平成9年)のは人口増加率10年連続日本一となり、三田市は大きく発展していきます。

2005年(平成17年)に 三田駅前に「キッピーモール」が開業。2008年(平成20年)には三田市制50周年を迎えました。