【歴ネットさんだ通信】

「歴史文化財ネットワークさんだ」の会員が綴ったレポートや随筆で、原則、隔月発行です。

 三田の歴史や文化財に関する会員個々の調査研究の成果や文化財を巡る旅の手記、あっと驚く大胆な仮説の提起など、自由闊達な意見交換、情報発信のための機関紙です。

印刷した冊子を三田市内の公共施設で配布するとともに、このホームページでも紹介しています。


《最新号の紹介》

「歴ネットさんだ通信」の最新号は、2018年(平成30年)7月1日発行の第62号です。

 

  ◆ 今号の投稿 

 

 ・北海道・浦河町を訪ねて

 ・第65代花山天皇の御廟所(墓)についての一考察 ー前編ー

 ・丹波の彫り物師 中井権次一統について       

 

 

藤田 裕彦

船越 信也

檜田 清治

    

◁ 最新号(PDFの表示

※ 印刷をされる方は、ブラウザによる印刷ではなく、PDFファイルをご自分のパソコンにダウンロードして、Acrobat Reader 等のPDF閲覧ソフトで印刷する方がきれいに印刷ができます。


◁ バックナンバーは左のサイドバーから